夏バテ予防

頭を押える女性

夏バテに予防に効果のある食品

夏バテになってしまうのは様々な原因が考えられますが休養と睡眠が不足すると症状が出やすくなります。過労で無理をしてしまっていたりする場合にも起こります。 最近では冷房が完備されているところが多くなりましたが、外の気温の差で体調を崩す方も多くなりました。 疲れを感じたらなるべく体を休めるように心がけなければなりません。そして食事を改善するのも効果的です。 効率よくエネルギーを摂取するようにしなければなりません。 夏バテ予防に摂取すると良いとされる栄養素にビタミンB1があります。エネルギー代謝を助けてくれる働きがあります。ウナギや大豆や豚肉に多く含まれています。 またカリウムには筋肉を収縮させる働きがあり、ヒジキやさつまいもやインゲンマメなどに含まれています。

規則正しい生活が大切です

夏バテの症状は様々ですが、自律神経に変調をきたしていることが多くなります。 自然な気温の中で暮らしていた昔と違い、現代の方が不調を訴える方が増えてきています。温度差を少なくしたり、時には汗をかいて運動することも大切です。 とくに子供は家の中で冷房にあたってばかりでは成長にも良くありません。 規則正しい生活の基本である早寝早起きも大切になってくるでしょう。 夏バテの症状がなかなか改善されないときは、何らかの病気が隠れている可能性もあります。 症状がひどい時は医者にみてもらうようにした方が良いでしょう。悪化してからでは遅いときもあります。 バランスの良い食事とたっぷりの睡眠で元気に夏を乗りきっていきたいものです。